有機栽培で作られた野菜や農産物でも
有機野菜やオーガニック食品と言えるためには認証を取らないといけません。

ヨーロッパや米国、オーストラリアなど国によって認証機関が異なりますが
基本的には下記の考え方で認証をしています。

1.植物に化学肥料を与えない
2.農薬や除草剤といった危険な化学物質を用いない
3.遺伝子操作を行わない

日本においては農林水産省が農作物や加工食品を対象に認証を行なっていて
「有機JAS認証」と言われます。

一定の農場で一定期間(3年)以上農薬を使用せず、
化学合成薬品を使用した肥料で栽培しない農作物です。

原則農薬不使用(一部の作物で、法律で認められた有機許容農薬を使う場合がある)かつ、
禁止されている化学肥料を使用しないで栽培されたことを
農林水産大臣から認可を受けた登録認定機関が認めないとなりません。

農薬以外にも、使える資材(肥料や防虫ネットなど)
ほ場の周辺環境などの条件に細かな規定がたくさんあります。

私も勉強のために認定機関が開催する講習会に参加しましたが
とても手間がかかる上に、認証を維持するために毎年の費用が必要で
昔から有機農業を行なっていた農家さんこそ取得しない人が多いです。

コスメやお酒(ワインも含む)については管轄が違うため
オーガニック認証は行わないのですが
近年、日本酒においては有機認証が進んでいますが少数です。

米国の場合もUSDA(農務省)がオーガニックを認定を行なっています。
オーガニックワインについては米国にはナパバレーなどの有名な産地がありますが
亜硫酸塩(SO2)を添加するとオーガニック認証の対象にはならないため
オーガニック認証をとったワインにあまり出会えない印象です。

ヨーロッパでは農作物や食品のみならずコスメや洗剤など幅広く
オーガニック認証を行なっています。

ワインに関しても「ecocert エコサート」や「demeter デメター」などの認証機関が有名です。

オーガニック認証については色んな意見がありますが
日本においては国がもっと積極的になってくれたら
もっと広まるのにと思います。

オリンピックに向けて世界から日本に人が集まってくる中で
ジャパンオーガニックが盛り上がったら良いのになぁと思っています。

タグ: